京つう

  NPO/ボランティア  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年08月30日

大阪市立大学の怪

大阪市立大学付属病院は、医療機関その他の紹介状が無い限り、一部を除く一般外来は受け付けておらず、とくに整形外科は緊急患者すら受け付けていない。
大阪市立大学へは、交付金として年間160億円もの市民の尊い税金が使われているにもかかわらず、どういうことかと大阪市に対し質疑したところ、今後はそのようなことがないように指導しますと平身低頭の対応であった。同市大病院事務局からも、同様の内容を文書で返答してきたので安心していたのです。

ところが、幸か不幸か私がアキレス腱を断裂し、6月2日同病院に出向いたところ、紹介状がないものは受付できないといわれた。
同病院整形外科の対応は以前のままであったので、急遽、他の病院で治療を受けたのである。

8月27日、大阪市総務局大学担当係に電話を入れる。
「市大病院は、交付金160億円のうち20億円を運営費とし市民がだしているではないか。市民に対して、この対応はどういうことだ!?」と、詰め寄り、市民の20億円の税金の用途の説明を求めるが、交付金の支出明細は持っていないと、大阪市は返答する。使途がわからないとはどういうことだと、早急に収支決算の提出を求める。

1人の医学生を医者にするのには、我々からの税金が6000万円も使われている。多くの市民病院が助成金を減らされている今、このような大学の優遇措置は考えられない。
皆さんも、市大病院でこういうめに遭わされていませんか?
(注:医者等の給料は大学への交付金から支出されている。)  


Posted by 平川 司 at 19:05Comments(0)

2008年08月08日

森之宮焼却場建設建て替えの凍結

 森之宮焼却工場建設建て替え凍結の知らせを受け驚いて新聞を見る。 東淀川焼却場の建替えについて情報提供を求め、昨年から今日にかけて再々環境局と質疑応答をして居た矢先である。国に出す書類には9工場の焼却能力は素人目にもわかるほど値は低く抑えられている。
南港焼却場は廃止、森之宮焼却場は老朽化で機能低下、さらに驚くことに、港焼却工場は操業停止になっている。(後日の調査で稼働確認)
 話は当然森之宮焼却工場建設建て替え廃止にうつる。現実に大阪市には焼却場は沢山あるが燃やすごみがないのである。
 環境局役人は強硬である、後には引かない。20年の歳月をかけた住之江焼却場建設反対の法廷闘争を思い出す。
「市長なら鶴の一声なのに」と愚痴る、もう一戦やるか年老いても果敢な仲間の顔が浮かぶ。市長の勇気ある決断に乾杯。


   


Posted by 平川 司 at 23:40Comments(0)

2008年08月06日

区長貸しについて

大阪市には区長貸しと言う制度が有りますが、情報公開で資料を取り寄せ質疑したところ、どういうわけか無料で借りている地域団体の中に市民に対して有料で転貸ししている者がおりました。
 各区に収支報告書の提出を求めると、驚くことに、すべての区から「ありません」との回答が来ました。  


Posted by 平川 司 at 13:29Comments(0)活動報告

2008年08月06日

日記始めました

いままでは、行政と個人的に交渉しておりましたが、
此からは数多くの人に活動の内容を知っていただきたいと思い
日記をつけることにしました。

まずはじめに、数多くの情報公開請求をしてきた中で大阪市に異議申立をした審議日が決定したことをお知らせします。
個人の建物にかかる買い取り等の価格・移転補償金等及び個人の占有者の氏名・住所を墨で塗り見えなくしているなどの部分公開決定を取り消し、全面公開を求めるように平成18年3月16日で大阪市に提出した異議申立に対し、審議委員会の審議日が、やっと2年半を経て平成20年9月8日に決定しました。
これまで5年かかったこともあり、2年半は早いほうです。

また、追ってみなさまに経過を報告いたします。  


Posted by 平川 司 at 12:57Comments(0)活動報告