京つう

  NPO/ボランティア  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2008年09月27日

減り続ける小中学生と地域の現状

 大阪市には前回も話しましたが493の小学校(中学校は除く)があります。その内生徒数が300人未満59校、200人未満36校、驚くことに100人未満小学校が6校もいまだに存在するのです。(分校を除く)
 クラス替えをしょうと思えば最低でも12クラス300人以上の生徒が必要です。大阪でクラス替えすら出来ない学校を学校と言えるでしょうか、 子供は多くの仲間とわいわい騒ぎ思い出を築くものだと思うのです。田舎の小学校では無いのです、近くには子供の足でも十分通学できる生徒数の少ない小学校が多数有ります。
 大阪市(教育委員会)は地域がまとまらないので思うようにいかないとあきらめの境地で話すが、このようなときこそ地域の有力者が反対するのではなく合併にこぞって積極的に協力することが必要だと思うのです。それが解決の道なのです。
 大阪市の財政は破産しょうとしています。仮に200人未満の41校を廃校にしたとしたら年に数十億の税金の支出が助かるのです。
 
次回 ハグクミネット  


Posted by 平川 司 at 01:26Comments(0)

2008年09月25日

増え続ける養護児童と追いつかない教育委員会の対応

 貝塚養護学校の廃止が決まった機会に、大阪市の養護学校(学級)の実状お知らせします。

 昭和53年に住之江養護学校が設立された、当初児童数は68名でこれ以上は生徒は増やさないと地元と約束し、小・中学部の養護施設として開講されたのである。
当時でさえ運動場も狭く運動会には児童で溢れる有様であった。
 昭和56年養護の生徒が増えているのに気づき問い質すと、200名を越えていた。しかも80名の高校生が増員されていたのである。その後、歴代の教育委員会の担当課長を呼びどう考えているのだ、“どないかせんか”と叱れどもただ謝るばかりである。
 平成20年度は280名(小学生43名、中学生105名、高校生132名、先生133名)4倍に成っており、先生方の更衣室までなくなり生徒で溢れている。
 大阪市には493の小学校があるが(普通学級4,027、養護学級632)生徒は減っているのに養護の子供は増えている。
 “中学生に成る頃には遊び相手が変わり、養護の生徒は養護学校を希望する傾向がある”と校長は話す。狭い所に物言えぬ子供達は綴じ込まれている。“市長何とかしろ”  
次回 激減する小学校  


Posted by 平川 司 at 00:30Comments(0)

2008年09月12日

審査員は担当役人に勝と思いますか。

 平成20年9月8日建物移転補償の異議申立に対して審査会が開かれましたのでお知らせします。
 さる平成18年3月、情報公開で(道路拡張、住宅改良事業等)土地、建物移転費用、電話、ルームクーラー、井戸、シャンデリア、テント、家賃に至るまでが補償の対象になっており、そのすべての金額が墨で黒く塗りつぶされ、皆様の尊い税金が支払られていたのです。このようなでたらめな支払に対して金額の開示の意義申立をしていました。
 3年前のことなので、金額部分の開示がなされているかもしれないと思い1部の望みをかけ、17年~19年の資料の提供を受けましたが従来と同じで黒く墨で消されていました。
 4人の審査委員はどこまで勉強しているのだろう。「どの部分をどうして欲しいのですか」と1人の先生が尋ねてくる。“墨で塗られているすべてだ”とその叫びを腹で耐える。
 (受取人の氏名等は開示から除いています)  


Posted by 平川 司 at 15:01Comments(0)

2008年09月08日

空車で走り回る赤バスと敬老特別優待乗車券

新聞紙上などで、最近にぎわっているのが、敬老特別優待乗車券の問題である。
しかし、今回は、赤バスのことで、皆さんにご報告したいと思います。

平成12年に、1人の市会議員がスウェーデンで赤いバスが走っているのを見て、大阪市にも導入してはどうかということで発足した。
平成14年度は、赤バスの収支決算の赤字は16億円。その上に特別優待乗車料が2億4千万円も使われ、累計赤字は18億4千万円だと市民にわかりやすく公示されていた。
ところが、平成18年度の収支決算を見ると、表向きは1億6千5百万の黒字なっているが、しかしよく見てみると、大阪市は補助金として13億円を支出しており、敬老優待特別乗車料として3億5千万円を出し、合計すると16億5千万円が補填されている。
市民をだますのも、いいかげんにしろ!

ちなみに、白バスの赤字は136億9千万円(平成16年度)。
敬老優待券の云々よりも、バス運営の抜本的な改善が必要であろう。  


Posted by 平川 司 at 15:09Comments(0)

2008年09月04日

報われないごみ収集の交付金支出

情報公開で、交付金の支出先を調べたところ、大阪市は、舞洲工場搬入に対して、高速道路通行料金を業者に支払っていることがわかった。
驚くことに、平成18年度には、その金額は年間1億円を超している。

ごみを収集した近くに焼却場があるにも係わらず、舞洲の焼却場を活動させるために、業者に高速道路代金を払ってまで、わざわざ遠い舞洲焼却場に持ち込ませているのである。

直営収集の車も当然に高速道路を通っており、その金額はこの1億円には全く含まれていない。
ちなみに、この焼却場に行くには高速道路ではなく一般道路を通ることもできるのである。  


Posted by 平川 司 at 16:58Comments(0)