京つう

  NPO/ボランティア  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


2010年02月25日

森之宮焼却場建て替えの怪

大阪市平松市長が森之宮焼却場の建て替え凍結の解除した。

2月9日に環境局M課長に面談。
建て替えをする理由を質問するが、答弁にならない。20数年前住之江焼却場建替建設時のT課長の是が非でも建て替えたいという態度を思い出す。
私たちの反対運動の成果として、ごみは平成3年より50万トン削減しており、稼働している10焼却場のうち南港(廃止)及び港焼却場を廃止しても、さらに1工場を廃止する必要がある。
今回、事業系持ち込みごみの料金改正(10㎏ 58円~90円)は、いままで持ち込まれていた紙や缶・びんの分別に拍車をかけると思われる。家庭系紙は16万トンあり、当然近々分別される見込みであり、焼却場1基分の量に相当する。
業者持ち込みごみも年間約90万トンあり、値上げによるリサイクルが推進し、約30万トンは減ると予想される。

注)紙分別(16万トン)、業者のリサイクル30万トンと仮定すれば、今後3ヶ所の焼却場が必要でなくなり、大阪市の焼却場は5ヶ所で十分となる。建て替えをする必要はまったくないのである。焼却場(600トン)を建てるには、450億円の税金が使われる。  


Posted by 平川 司 at 16:02Comments(2)